このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

素人カメラマン最初にして最大の壁…。「ピント合わせ」ピントが合っていない写真は「画像補正」してもだめ!

私のカメラ選びの基準それは…「いかにピント合わせが楽か」という一点に尽きます。ピント合わせなんて簡単だよ!という方。 ぜひやってほしいことがあります。

縦横100㎝ぐらいの商品を5m先から撮影してみてください。なんで5m先かというと、そのぐらい商品との距離をあけないと、商品がゆがんで撮影されてしまうのです。 撮影方法はファインダーから確認して撮影してください。

…どうでしたか?商品全体にピントがあっている写真は撮影できましたか?

おそらく一部分にはピントがあっているとおもいますが、全体にピントを合わせることは出来なかったと思います。 あなたが下手というわけではりません、だってプロのカメラマンでもその位置からは 「テザー撮影」もしくは「ライブビュー撮影」しているのですから。 プロでもしない様なことを素人が出来るはずありません。 商品を撮影するにはちゃんとした方法があるのです! 次にその方法「テザー撮影」と「ライブビュー撮影を説明していきます。

inserted by FC2 system