このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

写真の画質は何を選べばいいの?

フィルムカメラと違って、デジタル一眼レフカメラは写真を撮る前に、画質(側像を記録する際のファイル形式)を設定します。ファイル形式は「JPEG(ジェイペグこか「RAWB-とのどちらかにしますが、ここで2つの違いを簡単に説明します。

 まずはJPEG形式で撮影しましょう

「デジタル一眼レフで写真を撮って印刷したい」ということであれば、ファイル形式はJPEGを選べばいいでしょう。

JPEGで記録した写真は、撮影したデータをカメラ内で圧縮して表示しています。要するにカメラ内で自動的に現像が行われているので、すぐにカメラでもパソコンでも見ることができます。また、すべてのデジタルカメラで共通なファイル形式で互換性もあるのが特徴です。ただし、注意しなければならないのがJPEGファイルは、何度もコピーを繰り返すと少しずつ画質が劣化するという点です。 保存形式をJPEGに指定すると圧縮率を「ファイン(低圧縮どか「ノーマル(高圧縮匡かなどを選びます。

さらに画像サイズを印刷したい大きさなどに合わせて「ラージ」「ミドル」一ズモール」の中から選べます。普通はサイズを一ラージ」にして、圧縮率は「ノーマル」でいいと思います。ここで選ぶ画像サイズや圧縮率によってファイルサイズが変わるので、メモリカードに記録できる枚数も変わってきます。

 後で写真を加工するならRAW(ロー)形式で

デジタル一眼レフカメラはRAW形式で写真を記録することかできます。このRAW形式で記録された写真は「生」の状態、つまり、まだ現像されていないデジタルデータで、写真に関するあらゆる情報が未処理のまま保存されてます。

編集や印刷をするには、パソコンに取り込んだりして三コンの場合はカメラ内でも可)、専用の現像ソフトがないとそのままではできません。 RAW形式で記録するメリットというのは搬影後でも、ホワイトバランス(被写体の正しい色を再現できるようにする機能)やピクチャースタイル(発色を選べる機能)などの調整ができ、劣化が最小限に抑えられ高い画質を維持できます。

ただし、データサイズが大きくなるため撮影の際にメモリカードに記録できる写真の枚数が限られます。デジタル一眼レフには、1回の撮影でJPEGとRAWの両方の形式で写真を記録する設定もあります。 このようにしておくと、JPEGで撮った写真を確認し、気に入らなければRAWデータで仕上がりを変えられるので便利です。

inserted by FC2 system