このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

撮影した写真を消去したい

デジタルカメラの便利な点は、明らかに不要な写真をその場で消去できることです。画像は1枚ずつ選択したり、まとめて一度に消去することもできます。

消去する方法

消去する場合には、撮影後すぐに画面表示してゴミ箱のボタンで1枚ずつ消去する方法と、一通り撮影した後に、設定メニューでまとめて画像を選択して消去する方法があります。ここでは、キヤノンを例にとって説明します。また、どの機種においても、消去した画像は復元できませんので、十分確認してから消去しましょう。失敗したと思う写真でも、一度画像情報で確認すれば失敗した理由を理解できることもあるでしょう。

画像を保護する機能

設定メニューには、大切な画像はカメラの消去機能で誤って消さないように:プロテクト(保護)をかけることができます。 プロテクト機能は使い方によっては便利な機能で、必要な画像にこの機能をかけておいて、全一画面消去を行うと、プロテクトをかけていない画像だけがすべて一度に消去されます。

ただし、このプロテクト機能をかけても、カメラのメモリカードを初期化(カードに記録済みのデータがすべて消去される)すると画像はすべて消去されてしまいます。 メモリカードの初期化には十分注意しましょう。

inserted by FC2 system