このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

入門機と中級機の違い

入門機は、コンパクトデジタルヵメラからのステップアップや、初めてデジタル一眼レフカメラを使うユーザー向けに、低価格でボタンやダイヤルの数も少なく、ボディも軽量小型というのが特徴です。一方、中級機になると、フィルムの一眼レフカメラからの乗り換えユーザーなどカメラに詳しいユーザー向けになり、入門機よりも機能が豊富で、がっしりとしたボディが特徴です。

中級機の魅力

そもそも入閥機の場合は、上位モデルよりもスペックを抑え、その分価格を下げた機種で、安さと機能性のバランスのとれたカメラですが、写真を撮る上での入門機と中級機のスペック上の大きな違いは、次のような点が挙げられます。

・ファインダーの倍率や視野率の高さ

・連写のスピードや連続撮影枚数(一秒当たりの連写枚数)の多さ

・ピント合わせに重要なオートフォーカスの性能(フォーカスポイントが多数ある)

・機能ボタンや電子ダイヤルの数の多さと、液晶モ|一夕の表示品質(メーーューの文字や再生画像が鮮明)

初心者には必ずしも入門機が適しているということはありませんし、中級機にも入門機と同じくオート機能はあり、慣れるまではオートで撮れば問題はありません。むしろ、中級機のほうが、カメラの性能が良い分撮影時の失敗も避けられます。元来、デジタル一眼レフカメラは撮影者が意図を持って思い通りに撮るためのカメラです。

ですから、カメラを購入するにあたって、自分が何を撮りたいかはっきりしているのならば、最新の機能やトレンドを備えている中級機を、最初からあえて購入してしまうというのも一つ手かもしれません。

inserted by FC2 system