このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

有効画素数とは?

有効画素数とは写真の細かさを決める数値になります。デジタル写真は拡大していくとモザイク状の四角になります。このモザイクを画素と言います。そして、この四角の画素を一枚の写真の中にどれだけ入れ込めるかを示したものが有効画素数です。

例えば、有効画素数が1500万画素のカメラは、一枚の写真の中に1500万個の画素を入れ込むことができます。有効画素数はその数が多くなるほど、きめ細かに撮影できるようになり、写真を大きく引き伸ばしやすくなるのが特徴です。

つまりこれは、1画素あたりの面積が小さくなるためです。このきめ細かさを解像度と言います。有効画素数が大きくなれば、それだけ解像度も高くなります。ちなみに、ハイスペックのデジタル一眼では有効画素数が2000万画素前後のものが多いです。コンパクトデジタルでも1000万画素を優に超えます。

有効画素数と解像度の関係

写真は拡大するとモザイク状になります。同じ面積内の有効画素数が多いと、このひとつひとつの四角が小さくなります。大きく引き伸ばしてプリントする際などは、この画素数か多いほうがより鮮明に描写できます。

有効画素数はどれくらいあればよいのか?

必要な画素数の程度は撮った写真をどんなふうに扱いたいのかに応じて変化します。ウェブサイトに小さく載せる程度であれば、実は50万画素もあれば十分。これを大きなサイズにプリントしたいと思った場合などには、より多くの画素数が必要になります。

とは言え、A4サイズのプリントでも500万画素あれば、遜色なく高解像度でプリントの作業が行えます。そういった意味では現行のデジタルカメラであれば、スペック的に不満が出ることはまずありません。

むしろ、あまり有効画素数が大きいと、写真一枚の画像サイズが大きくなりすぎて、扱いにくくなることがあるほどです。なお、データの容量はカメラ側でその程度を選択できます。用途に応じて、うまく調整してみましょう。

inserted by FC2 system