このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

一眼レフの「測光方式」とは?

そもそも測光とは、撮影に必要な光の総量を測定する行為を指します。撮影時の絞りやシャッタースピードの数値は、カメラが測光を行うことで割り出しています。コップに水を注ぐ例で言えば、どの大きさのコップに水を入れればいいのかを決めているのが測光ということになります。

この測光のやり方には、主に3つの方法があります。画面全体の明暗を対象に、平均的な光呈を割り出すマルチ測光(評価測光)、画面中央を重点的に測光する中央重点測光、そして、特定のエリアのみから測光を行い、他のエリアは測光の対象としないスポット測光の3つです。

これらがつまりは測光方式です。被写体やシーンに応じて選択できますが、通常はマルチ測光方式で問題ありません。必要に応じて、他の方式をためしてみましょう。

マルチ測光方式とは

画面内を分割して測定します。客観的な露出が割り出せる方式です。分割の方式はメーカーや機種によってさまざまです。このような明るい場所と暗い場所の両方を参考にきちんと測光を行いたい場面などに便利です。

中央重点測光方式とは

画面中央から離れるほど、測光の感度が弱まります。画面中央の露 出をしっかり測りたい場面で効果的。人物撮影などで利用されるこ とも多いです。

スポット測光方式で撮影とは

画面中央がその対象になることが多いですが、フォーカスエリアと 連動する機種もあります。ピンポイントで測光を行うため、露出を大 きく誤ることも。やや上級者向けの測光方式です。

inserted by FC2 system