このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

「レフ板」とは?

レフ板は足りない光量を補うために使用する反射板です。一般的には白色のものが多いですが、よろ強く光が反射できる銀系素材のレフ板や、逆に暗部を強調するための黒色のレフ板など、サイズや形も含めてさまざまな種類がラインナップされています。

レフ板を利用する際に大事なことは、光がきちんと被写体に反映されているかどうかを確認することです。効果が出ていれば、目視でも簡単に確認できます。また、屋外でレフ板用する場合は、被写体への自然 光の当たり方を意識しながら、これを配置してみましょう。

例えば、右からの斜光で撮る場合には、左サイドにレフ板を配置しますし、逆光の場合は手前に配置します。くもり空であっても、太陽の方角を意識しながらレフ板を配置します。このように光をしっかりレフ板で受け取り反射せることが大事です。反射すべき光源をきちんと受け取ってはじめて、レフ板はレフ板としての役割を発揮します。

キャッチライトの作り方

ポートレートでレフ板を使用すると、目の中にレフ板を映し込ませることができます。このように目の中に入ったハイライトをキャッチライトと言います。レフ板はキャッチライトがつくりやすい素材です。とくに寄り気味に撮る場合には、この入れ方にも注目しながら画づくりしてみましょう。

inserted by FC2 system