このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

「ブラケット機能」とは?

明るさの判断が難しい場面では、露出補正などを使い、何度か明るさを変え撮影を行うことがあります。こんな場面で重宝するのがブラケット機能(BKT)です。

この機能を設定するとシャッターボタンを押す度に、自動で露出が切り替わります。自分でわざわざ露出を変えなくても、段階的に明るさを変えて撮影できるようになります。

なお、ブラケットの補正幅はカメラ側で設定します。標準露出を中心に士1ずつ3枚だとか、士1/3ずつ5枚だとか、自分好みに設定できます。また、この機能は何も露出だけに留まりません。ホワイトバランスやISO感度、フラッシュの調光やフィルターなどでも利用できます。ブラケットの対象になるカメラ機能や調整幅は機種によって変化します。

inserted by FC2 system