このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

画像処理が前提なら明るい部分の階調を残す

基本的に露出差のある状況の撮影をする場合、目立つ部分がきれいに見えるように露出を選びます。ただし、撮影後に画像処理をすることが前提であれば、撮り方が変わります。

この場合、「明るくて、白飛びしそうな部分の階調が残っていること」を重視して撮影します。暗い部分を画像処理で明るくすることはできますが、白飛びしている部分には、情報が何も残っていない「白」の状態。どのように画像処理をしようにも、白いまま、ということになってしまいます。明暗差のあ被写体の場合は、明るい部分を重視した写真を撮りましょう。

inserted by FC2 system