このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

定常光のBOX型の特徴

BOX照明は、ソフトボックス、バンクライトと呼ばれています。面光源でやわらかい光が特徴で、定常光のため、シャッタースピードを同調させる必要がなく、初心者の方でも使いやすいライティング機材です。

また、カメラと接続しないで使えるため、配線がコンセントを接続するためのメインコードのみと少なくて済み、小回りが利くこともBOX型照明のありがたいところです。

装着した蛍光灯がボックス内で乱反射し、向い布によって拡散した光となって照射されるため、広範囲を照らすのに向いているやわらかい光になるのです。いくつかの大きさがありますが、写る範囲(被写体)と同じぐらいのBOXサイズを選びましょう。

また、電球の装着数によって、明るさが変わるので、ソケット数もチェックすることが大切です。蛍光管を装着するものが大半ですが、蛍光管の種類は色温度をそろえるのが基本ですので、同じ型番のものを購入しましょう。

フラットに見せたい時はBOX照明を使う

面光源であるBOX照明は、全体にまんべんなく光を当てることに適しています。また、補助光として使うことで、一方からの光による影を軽減し、フラットに見せることができます。

inserted by FC2 system