このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

瞬間光は同調速度の設定が重要

瞬間光のライティング撮影では、シャッタースピードの制限があります。これは、同調速度と言って、シャッターが最大に開放した瞬間と、ライティングの発光がピークに達している瞬間が一致しているシャッタースピードのことを指します。

スピードライトは、おおむね1/60秒~1/200秒の間、モノブロックなどの大型照明は、おおむね1/60秒~1/125秒です。また、環境光(自然光など)が入る現場では、余計な光が写り込まないように、シャッタースピードをできるだけ高速にする必要があります。ただし、ライティングでの撮影は同調速度との関係で、シャッタースピードが速すぎるとシャッター幕が影状に映り込んでしまうので、設定値に限界が出てきます。

総合的には絞りも考えなければなりませんが、作風を左右する(被写界深度)ものなので、むやみに開くことができません。環境光が入らないような撮影現場を作ることも大切です。

inserted by FC2 system