このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

ストロボ発光面とディフューザーとの距離の関係

今や自分のホームページに趣味の料理やコレクションしたものなどの画像をアップできる時代になった。だからこそ、もっとクオリティの高い画像を撮影したいと思うのは当然で、女性ブロガーの中には、プロ顔負けの撮影機材を持っている方もいる。

ところが、なぜかストロボだけが大きく遅れているのは、ストロボ撮影が難しいと思い込まれ、敬遠されているのかもしれない。まず押えておきたいのは、ストロボの発光面とディフューザーとの距離である。両者の間に適度な距離があるほうが、より高いディフューズ効果が得られる。

つまり距離があると、それだけストロボ光は拡散される。その拡散された光がさらにディフューザーで拡散され、非常に柔らかな光線になる。

ストロボの発光部に取り付ける市販のディフューザーは携行性にも優れており、十分な効果もある。しかし、発光面とディフューザー面との距離は一定のままなので、被写体や撮影シーンによって、その距離を調節することはできない。

そこでオススメしたいのがトレーシングペーパーを使った撮影だ。大きめトレーシングペーパーを被写体とカメラの間に垂らし、TTLオートで撮影する。後は、液晶モニターで画像をチエックし、発光面とトレーシングペーパーとの距離を調整しながら撮影をすればOKだ。

ダイレクト光

ティフューズされ~ていないダイレクト光の硬い光が飛んでいるため、ハーブや瓶が硬く表現されている。また瓶の表面にストロボがキツく映り込んでしまっている。

白い乳白の薄いプラスチック素材ディフューザ

瓶へのストロボ発光面の映り込みはうまく抑えられているが、プラスチック素材の関係で多少色温度が高くなり、全体的に青く写っている。また周辺光量落ちも目につく仕上がりだ。

トレーシングペーパーを使用(発光面との距離が近い)

ストロボ発光面の映り込みはかなり軽減されているが、瓶への映り込みをもう少し柔らげたい。周辺光量落ちもまだ目立つ。

トレーシングペーパーを使用(発光面との距離が遠い)

瓶へのストロボ発光面の映り込みもよく抑えられ、瓶自体のフォルムが良くわかるライティングになっている。また周辺光量落ちも解消され、理想的な1灯撮影と言える。

大きなディフューズ効果にはトレーシングペーパーがベスト

テーブルフォトを撮るには、ストロボ光が逆光や半逆光になる位置に外付けストロボを置くのがコツだ。そして、できるだけ大きなディフューザーを使用することだ。その2つのポイントさえ守れば誰でも簡単にストロボでのハイクオリティな撮影ができる。

後は使用するレンズだが、わりと安易にやってしまうのが、ズームレンズの広角側で近接撮影してしまうことだ。レンズは望遠側で撮影するほうが、見た目に近い自然な仕上がりになる。

ライティングの基本は、カメラの内蔵ストロボを使ったワイヤレス撮影だ。そのワイヤレス設定した外付けストロボをメイン光源としてTTLオートにすれば、問題無く撮影できる。場合によってはレフ板代わりに、ディフューザーを装着した内蔵ストロボで小さく光を当てて被写体を明るく撮影してもいいだろう。

また、大きなディフューザーには、トレーシングペーパー(以下トレペ)を使うと安価で手軽だ。高品質なディフューズ光を得るには、トレペとストロボの発光面との距離を離すことが重要である。

inserted by FC2 system