このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

デジタル写真の正しい色とは?

デジタル写真において「正しい色」とはデータに記録された「RGBの値」になる。これはボジフィルムのように、直接人の目しい色とはとても暖昧なものでもあるわけだ。

では見ることのできない色だ。たとえティスプレイで表示しても、ディスプレイごとに発色は微妙に異なるし、プリントしても同様。つまり、デジタル写真の正しい色はとても曖昧なものでもあるわけだ。

デジタルで仕事をしている人たちにとってこの暖昧さはとても厄介で、トラブルの原因にもなりかねない。たとえば、商品を撮影した広告写真などでは、商品と写真では「同じ色」が求められる。

この場合どうするのかというと、色の値が分かっているチャートを写し込んで、そのチャートの色とディスプレイやプリントの色が合うようにレタッチしたり、被写体の色が測れる場合には、測色機と呼ばれる機械で被写体の色をデータ化し、レタッチで仕上げるという方法が用いられる。

どちらにしても、デジタルで「正しい色」を再現するのは並大抵のことではないということ。ただし、これはもっともシビアに色を扱うプロの現場に関しての話であって、ほとんどのプロやアマチュアカメラマンならそこまで神経質にならなくてもよいだろう。

デジタル写真の本当の色は「データに記録」されているということを知り、そのデータと人との接点がディスプレイだということつまり、デジタル写真を扱う上では「ディスプレイが重要」だということを覚えておけばよい。

ディスプレイに関してはデジタル写真を扱う前には最低限の調整を施し、標準的な色で再現できるようにしておくことが大切だ。とくにレタッチする際には、ディスプレイの状態を適切に調整しておかないとレタッチするほどに写真の色を壊してしまう恐れもある。

デジタル写真の色は記憶色

多くの場合、被写体の色と写真の色を直接比較することはないだろう。となると、「デジタル写真の色=記憶色」ということになる。

たとえ「実物と違う」と感じたとしても、その実物と直接比較をしない限りは記憶の中の色と比べているため、「記憶(イメージしている色)との相違」が写真に対する不満となっているわけだ。

そして、この相違を埋めていく作業が、「レタッチ」や「RAW現像」と呼ばれるものだ。いい換えれば「レタッチは記憶色に仕上けること」ともいえ記憶(イメージ)している色がない限りレタッチしても納得のいく仕上がりにはならないということでもある。

「レタッチでどうすればよいのか分からない」という多くの人がこの点を無視して作業を始めているからであり、まずは目標を決めなければ、何をどうすればよいのか分からないのは当然のこと。

本ページでは、初心者を主な対象としてレタッチに閏する情報やテクニックを解説してしているが、その写真はなぜレタッチするのか?」ということだけは自分で考えてもらいたい。人それぞれに感性が異なり、写真の使用目的も様々なので、「レタッチする理由」は一概には決められないためだ。もしレタッチする理由が見つからない写真なら、当然ながらレタッチする必要はない。

inserted by FC2 system