このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

RGBとCMYKとは?

色の再現方法にはRGB(カラーモデル)とCMY(カラーモデル)のふたとおりがある。デジタルカメラや液晶ディスプレイなどが用いているのが前者の方法でレッド、(Red)、グリーン(Green)、ブルー(Blue)の三色の色を混色(加法混色)して色を再現するというもの。RGBの三色の色は「光の三原色」と呼ばれており、すべての光を重ねると「白」になる点が特徴だ。

対してCMYカラーモデルはシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)の三色を混ぜ合わせる方式(減法混色)で、プリンターなどの印刷関連の色再現方式として使われている。簡単にいえば、「インクを混ぜて作る色」ということ。

ただし、多くのプリンターなどでは、CYMのすべての色を混ぜ合わせても完全な黒を得ることが難しいため、きれいな黒を再現するために別途黒インクを搭載し、CMYKの四色を使って印刷している。

ちなみにKとは、印刷時に用いられていた輪郭などをハッキリさせるための版「キープレート(KyePlate)」の頭文字で、K版には黒インクが使われていたことからCMYKの黒インクのことを「K」と記している。Blackの末尾の「K」ではない。

実は、RGBとCMYの特徴を知ることは、デジタル写真を扱う上では非常に重要なことでもある。多くの場合はRGBとCMYで再現できる色の違いに目が行きがちだが、それ以上に大切なのが「黒」と「白」の再現方法だ。RGB(ディスプレイ表示)方式では、すべての光を重ねると白になる。

つまり、白は作り出すことができる色ということ。対して黒はというと、すべての光を消したときの色、ディスプレイでいうなら、電源がオフのときの色になる。これよりも黒い黒はディスプレイ上では作り出せない。

同様にCMY方式でも考えてみると、黒はすべてのインクを混ぜ合わせると再現できる「作れる色」になり、白はインクでは作り出せない「紙そのものの色」になる。これの何が重要なのかというと、画面上の真っ白とプリントの真っ白は同じではない、という点だ。

レタッチで微妙な白を作り出しても結局は「紙の白」の影響が大きいし、プリントで作り出す高濃度の黒とディスプレイの黒もまた異なってしまう。このあたりの考え方は、ディスプレイとプリントの色合わせに関わってくるので、記憶の隅にでもとどめておいてもらいたい。

このように、RGBとEMYの特性をほんの少し知るだけでもデジタル写真に関するスキルが向上するので、レタッチテクニックばかりに目を奪われず、「色」そのものに関しても興味を抱いてもらえればと思う。

RGBとCMYは補色関係にある

もうひとつ、RGBとCMYに関して覚えておくと役立つのが、「補色」と呼ばれる関係だ。補色とは反対の色ということ。

専門的には、色を順番に並べた色相環と呼ばれる輪で対角線上にある互いの色のことだが、デジタル写真においてはRGBとCMYの6色の関係だけを覚えればよい。

それぞれの補色関係を紹介すると、R(レッド)の補色がC(シアン)、G(グリーン)の補色がM(マゼンタ)、B(ブルー)の補色がY(イエロー)になる。レタッチソフトを使っている人には見覚えのある関係かもしれないが、実はこれは、レタッチ機能のひとつでもある「カラーバランス」のスライダーの関係になっている。

たとえば、写真の赤みを減らすということは補色のシアンを増やすことに他ならず、グリーンやブルーなどに関しても同様で、レタッチで色を調整するということは基本的にこの六色のバランスを整えるということでもあるのだ。

もちろん、他にもソフトによっては個性的な方法で色が調整できる機能もあるが、代表的なレタッチ機能でもある「レベル補正」や「トーンカーブ」(Photoshopでの名称)を使った色調整に関しては、この補色関係を把握しておくと色の感覚が掴みやすくなるだろう。

ちなみに、特定の色の補色を知りたいときには、Photoshopなどのレタッチソフトで「階調の反転」を実行すればよい。

inserted by FC2 system