このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

sRGBとAdobe RGBとは?

デジタル一眼をはじめとした高性能なデジタルカメラでは、撮影するときに「sRGB」と「Adobe RGB」の色域が選択できる。色域とはつまり、色が再現できる範囲のこと。

多くのデジタルカメラやパソコン、プリンターなどの色を扱う周辺機器は「sRGB」と呼ばれる色の範囲で画像を再現しているためカメラの設定も「sRGB」にしておけばパソコンやプリンターで面倒な設定をすることなく作業できるのが特徴。

したがって、デジタル画像の扱いに不慣れで、撮影からレタッチ、プリントまでを間違いなく処理したいのなら「sRGB」が安全だろう。もちろん、「sRGB」にはデメリットもある。それは色域の狭さだ。

たとえば、エメラルドグリーンの海や青い空、蛍光色のネオン管などの鮮やかな色彩は再現することができず、くすんだ類似色に収まってしまうことがある。対して「Adobe RGB」はというと、sRGB」よりも広い色域が再現できるのが特徴だ。

そのため、プロの写真家の多くはこの「Adobe RGB」を好んで使用している。ただし、「Adobe RGB」にはいくつかの問題(扱いづらさ)があり、ひとつが撮影からレタッチ、プリントまでを「Adobe RGB」の色域で作業する必要があるということ。

そしてこちらはもっと切実なのだが、多くのティスプレイでは「Adobe RGB」の色域が完全に再現できないということ。たとえば、「Adobe RGB」で撮影した写真を未対応のソフトで編集してしまうと、「色の狂ったsRGB」になってしまう。

最近では「Adobe RGB」対応ソフトは増えてきてはいるが、それでも意識して扱わないと誤った編集をしてしまうので注意が必要だ。意識して扱うとは、Photoshopシリーズなどの「Adobe RGB」に対応したソフトで「作業用色空間」を「Adobe RGB」に設定し、プリントする際にもプリンタードライバで「Adobe RGB」の設定を行なうなどの作業を指す。

このあたりが初心者には難解な部分で、「Adobe RGB」が手軽に扱えない原因にもなっているといえるだろう。また、「Adobe RGB」未対応のディスプレイでは色が正しく表示できず、その状態でレタッチしてもどんな色に仕上がっているのか分からないという深刻な問題もある。

つまり、「Adobe RGB」は広い色域(鮮やかな色彩)が扱える半面、対応した機材や知識がないと十分に活かしきれない難しさもあるわけだ。

「Adobe RGB」はプリント向き

ではプリントを前提とした場合は「sRGB」と「Adobe RGB」のどちらがよいのかというと、本音をいえはやはり色域の広い「Adobe RGB」だろう。「sRGB」は現在のプリンターのもつ色域よりも狭い部分があるため、プリンターの性能を活かしきれないという問題が生じてしまう。

ただし、これは厳密な数値上の話であり、その色域のデータが含まれていないときにはなんら問題はないし、プリンタードライバがきれいに補正してくれることもあるので神経質になる必要はないかもしれない。

とはいうものの、「Adobe RGB」だと今度は色域が広すぎるのでプリントできない色が生じる可能性があるなど、実際にはなかなか一筋縄ではいかないのだが、プリントするソフトもプリンターも「Adobe RGB」に対応していて、プリントテクニックがあるという前提なら、プリント用のデータとしてはやはり「Adobe RGB」がお勧め。

プリン卜で再現できない色は上手に色の変換を行い、プリンターの色域に適切に収めることでプリンターの性能を引き出したプリントが作れるためだ。

これは余談になるが、仕事で扱うデータの場合にはクライアント(納品先)の指示に従うべきで、私の場合は多くが「sRGB」で要求される(このあたりは、どの業界で仕事をするかにより異なる)。

もっとも、「sRGB」「Adobe RGB」、どちらも使える安全策としてRAW形式で撮影しているので、突然の変更でも問題なく対処可能だ。

inserted by FC2 system