このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

ホワイトバランスとは?

ホワイトバランスとは、文字通り「白」のバランスのこと。「白い色を白く写す」ために色を調整する機能なので、ホワイトバランスという。

「カラーバランス」と混同してしまいがちだが、色を調整するという目的は同じでも「白を白に」がホワイトバランスで「色を自在に」がカラーバランスだ。

もうひとつホワイトバランスに関連する用語に「色温度」があり、ホワイトバランスを調整する尺度として用いられている。

ホワイトバランスは銀塩フィルム時代には今ほど騒がれてはいなかったが、デジカメ全盛になリ自分で調整できるようになったためか、カメラ雑誌の特集などでも取り上げられることが多くなった。

ホワイトバランスの効果を簡単に説明すると、色温度を変えることで赤っぽさ(暖かさ)や青っぽさ(冷たさ)を調整すること。たとえば、早朝の雪原で撮影すると青みの強い写真になることがあるが、このときホワイトバランスを調整(色温度を変更)することで適切な色で撮影できるようになる。

このように、ホワイトバランスは本来「撮影時」に調整する機能なので、レタッチソフトでは「ホワイトバランス」と呼ばれる機能は搭載されていないことも多い。

Photoshopも例外ではなく、ホワイトバランスの崩れた写真は基本的に「カラーバランス」機能を使いR、G、Bのバランスを整えて行くことになる。どうしても撮影後にホワイトバランスを調整しなければならないときには、RAWで撮影していればRAW現像ソフトを使って対処できるが、jPEGの場合にはそれも難しい。

レタッチテクニックが備わってくれば、ホワイトバランスや色温度などの機能を使わずともカラーバランス機能で色が自在に操れるようになるが、不安なうちはRAWで撮影しておくか、撮影時にホワイトバランスを適切に設定しておくようにしよう。

ホワイトバランスは積極的に使う

レタッチを前提にするならホワイトバランスの設定は、風景やスナップなどの「外で撮る」写真なら「太陽光」が基本だ。「オート」で撮影している人も多いかもしれないが、これだと朝も昼も夜も同じ色で写り、時間変化がわかりにくい写真になってしまう。

フィルム時代には当たり前のように再現できた「早朝」や「午後の日差し」などのような雰囲気が、オートホワイトバランスにすることですべて「ニュートラルな色」に戻され、現場の空気感を逃しかねない。

もし、「デジタルは味わいがない」などと思っているなら、撮影設定のホワイトバランスなどの色に関する機能を調整してみよう。従来のデイライトタイプのフィルムに近づけたいなら、プリセットの「太陽光」を選ぶか「5500K」程度に設定すればよい。

ホワイトバランスの調整を施し、お仕着せの色ではなく「自分の色」が見つけ出せれば、撮影後のレタッチや現像の労力も減らすことができるはずだ。またこの考えをさらに進めるしと、ホワイトバランスをフィルタ的に使って個性的な色彩を追求したり、色や鮮やかさ、コントラストラストを変える機能を駆使してさらに色を調整したりと、カメラだけでも様々な色彩が作りせるだろう。

つまり、テジカメは「自分でフィルムを作る」カメラでもあるわけだ。もちろん、すべてを撮影後のレタッチで仕上ばてもかまわないがある程度「光学的」に画作りをして足りない要素をレタッチで補うことでより高品質な作品が制作できるようになる。

inserted by FC2 system