このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

ヒストグラムとレタッチの関係とは?

レタッチにおいてヒストグラムとは階調のつぶれを確認する機能といってもよいだろう。白とびや黒つぶれを避けたい、またはハイライトやシャドウの階調感を最大限に出したい、というときにヒストグラムの左右端に注意しながらレタッチを行っていく。

また、Photoshopの場合ヒストグラムの表示方法にはRGBの各チャンネルの情報を重ねたもの(RGB)と明暗に変換したもの(輝度)があると前述したが、ヒストグラムを重視してレタッチする場合、どちらを使うかで仕上がりに差が出てくる。

「輝度」表示にして階調のつぶれを抑えたギリギリの調整を行うと写真はメリハリのある鋭い状態に(どれかのチャンネルがつぶれる可能性が高い)、「RGB」表示にすると階調感の高い写真に仕上がるのだ。もちろん、これはヒストグラムに頼って調整した場合の話だが。

「輝度」表示ではヒストグラムの山の両端は写真のもっとも暗い色と明るい色なので、それをギリギリまで詰めると暗い色が黒で明るい色が白に、つまり最大限にコントラストの強い状態になるためだ。

「RGB」なら、どれかのチャンネルがつぶれるギリギリまでの調整になるので、完全な白や黒は生じずに階調が最大限に残った写真になる。レタッチの最中は常にヒストグラムを眺めているわけではないが、作業の要所要所、とくにコントラストが変化するような調整を行うときにヒストグラムの両端を確認すれば無用な階調のつぶれ(=画質の劣化)が避けられるし、目指す仕上がりによって適したヒストグラムを選ぶことで作業の手間も軽減することができる。

普段は何気なく眺めているヒストグラムも、じっくり考えると奥が深いものなのだ。ちなみに、Photoshopのヒストグラム表示には「カラー」形式もあり、この表示にするとひとつのヒストグラム上にRGBの各チャンネルが色づいて表示されるのだが、人によってはカラフルな色彩で見づらいと感じるかもしれない。筆者も見づらく感じているひとりなので、通常は「RGB」形式で表示している。

特定範囲のヒストグラムを測る

ヒストグラムに関する便利な使い方をもうひとつ。これはPhotoshopの場合の話だが、選択ツールで範囲を指定すると、その範囲内のヒストグラムが表示されるようになる。

これの何が便利なのかというと、とえば被写体以外の階調はつぶしてもかまわないような写真の場合、被写体を選択してヒストグラムを確認することで適切な露出が得られるようになる。

カメラでいうところの、スポット測光のような機能と思えばよい。これは「レベル補正」機能で表示されるヒストグラムに関しても同様なので、覚えておくと役立つだろう。

inserted by FC2 system