このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

JPEGかRAWか?

デジタル写真というとほとんどの場合「JPEG」形式の画像を指す。JPEGとは汎用性のある画像の形式のことで、デジカメやパソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンなどでも扱えるというメリットがある。また、データの容量も抑えられるためたくさん撮影できるのもJPEG形式の特徴だろう。

ただしJPEG形式はその仕組み上、撮影後にカメラの内部でデータ(撮影した写真)を圧縮するという作業が行われている。そしてJPEG形式の圧縮方法はデータを間引くように処理するため、元のデータ(jPEG圧縮する前の画像)と比べると画質が落ちてしまうという点がデメリットだ。

デジカメの設定で、「ファイン」や「ノーマル」などの画質を決める項目は、このJPEGの圧縮率を設定しているに他ならず、画質を下げるほどにファイル容量が小さくなり、たくさん撮影できるようになる。デジカメの設定だけでなく、Phtoshopなどの画像ソフトでもJPEG形式で保存することができるが、前述のとおり圧縮時にデータを間引いてしまうため、補正した写真の保存形式には向かない。

また、JPEG形式はデータが軽いのでたくさん撮影できるし、連写や速写性に優れている。このような理由から、撮影時にはとても重宝する形式かもしれないけれど、レタッチの耐性という点では後述のRAW形式に一歩劣ってしまう。その主な要因が「色が確定している」という点で、JPEGはいわば「完成した塗り絵」のような状態なのだ。

つまり、JPEG画像で明暗や色を変えるということは、既存の色に対して描き変えるように変化を加えなければならず、画質が荒れやすいという問題がある。ただし、JPEGだからレタッチできないというわけではなく撮影時の色調とかけ離れた仕上がりにするときに画質が荒れる可能性があるということだ。多少のレタッチなら、JPEG形式でも問題ない。

RAW形式とは

「RAW」とは、「生の」や「手を加えていない」という意味で、デジカメで撮影するRAW形式とはカメラが加工を施していないデータということになる。カメラでの加工とは、露出や色、シャープネスなどを整えて、JPEG画像として保存すること。

したがって、JPEGで撮影した写真はすでに完成されたものであり、写真として成立しているのが特徴だ。撮影したままの状態で写真を楽しむのならJPEGで撮影してもなんら問題はないのだが、レタッチするとなると「加工されていないデータ」のほうが適している場合もある。

つまり、JPEGをレタッチするということは、一度カメラが「レタッチ」した画像をもう一度レタッチし直すようなものなので、画質の劣化が生じる可能性もあるということだ。対して「RAW画像」なら、カメラは一切の加工を施していないため、高品位に色調をコントロールすることができる。

簡単にいってしまえば、本来はカメラ内部でやるべき処理を自分の手で行うのがRAW画像の色調整(現像と呼ばれている)と考えるとよいだろう。RAW画像は撮影したままのデータのため、カメラの機種ごとにその仕組みは異なっており、「専用」のソフトを使わなければ扱いえないという不便さもある。

ほとんどの場合デジカメにRAW画像を調整するソフト(RAW現像ソフト)が付属しているけれど、このタイプのソフトはカメラの内部の処理をパソコンで再現している程度の簡単なもので、思い通りに色を調整というわけにはいかないだろう。

そこで必要になってくるのがRAW現像ソフトと呼ばれるタイプのソフト。Photoshopシリーズにも「camera raw」と呼ばれるRAW画像を扱う機能が搭載されているし、RAW現像に特化した「Photoshop Light room」もある。ほかにも、市川ソフトラボラトリーの「シルキーピックス」や、Phasa oneというプロ用デジカメから派生した高性能なソフト「Capture One」なども有名だ。

これらのソフトを使えば各種カメラのRAW画像が扱えるようになり、レタッチするように自在に色調がコントロールできる。RAW画像は扱う現像ソフトによって色調が異なるのも特性のひとつ。単に画面に表示しただけでも色の違いは明確で、場合によっては好き嫌いの出る可能性もある。したがって、レタッチソフト以上にRAW現像ソフトの選択には注意が必要だ。

各社体験版を用意しているので、まずはそれで色の特性を確認することから始めてもらいたい。このように、なにかと面倒なRAW画像とはいえ、現在ではレタッチのトレンドのひとつになっているのも確かで、多くの写真愛好家がRAW形式で撮影し、色調整を行っている。

JPEGとRAWどちらがいい?

撮影するならJPEGとRAWのどちらがよいのか。これはよく議論されることでもある。レタッチが前提の作品ならRAW形式で撮影したほうが高品質に仕上がる可能性がある。しかし、JPEGのように軽快な撮影が行えないため、被写体や状況によってはシャッターチャンスを逃す危険があるかもしれない。

つまり、レタッチや画質云々で決める前に、自分の撮影スタイルに合っているかどうかが大切だ。たとえば、スポーツ写真を撮っているのなら連写性に優れたJPEGで撮影したほうが狙った瞬間が撮影しやすいだろうし、大量の連写もこなせるだろう。マクロで花を狙うようなときは、連写や軽快さはさほど重要ではないので高画質が期待できるRAW形式が向いている。

このように、まずは被写体によってJPEGかRAWかが分かれ、RAWで撮影してもよい被写体の場合には、メモリーカードの余裕や、後の現像の手間を考慮してjEPGかRAWかを決めるようにしましょう。そして、RAWと同時にJPEG形式でも撮影しておけば必要に応じて写真が使い分けられるし、RAW現像では思うような色が出ない場合には、色が確定しているJPEGを使う、ということもできる。

また、レタッチのテクニックが向上してくると、階調を崩したくない部分はRAWから現像、発色のよい部分に関しては色の再現性の高いJPEGを使う、という部分的な重ね合わせも可能だ。作品のレタッチは、様々なアイデアを駆使する作業でもあるので、その選択肢は多いに越したことはない。

それに、今すぐにRAW形式のデータは必要なくても、数年後に作品を使うときに「最新のRAW現像ソフト」で現像すれば写真のクオリティーが向上する可能性もあるので、余裕があるのならRAW形式でも撮影しておくことをお勧めする。RAW形式を使う際の注意点だが、RAWはあくまでも「自分の手元」で使う画像形式であって、RAW形式のまま誰かに写真を渡したり、Webなどに掲載しようとしないこと。

これは、銀塩カメラでいうなら「未現像のフィルムを渡す」ようなものなので、受け取った相手は困ってしまう。必ず、明暗や色を調整して、TlFFやjPEGなどの汎用的な形式で保存してから渡すようにしましょう。

inserted by FC2 system