このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

レタッチした写真の保存形式

レタッチソフトで明るさや色などを補正した写真は、必ず保存する必要がある。問題は、レタッチソフトでは保存する画像の形式がたくさん選べるという点で、誤った形式を選択してしまうと、せっかく仕上げた色や画質が崩れてしまう危険な作業だ。わかりやすい保存方法が、「作業用データ」と「完成用データ」で画像形式を分けておくこと。

Webやメールなどで使いたいときには、「完成用データ」を元にJPEG形式などの小さな容量の形式で保存し直すとよいだろう。作業用データと完成用データで使う画像ファイル形式に関しては、前者は「アプリ独自の形式」を選び、後者は「TlFF」形式が適している。アプリ独自の形式とは、Photoshopでいうなら「Photoshop (PSD)」形式と呼ばれるもので、使用している補正機能や編集機能なども含めて保存できる便利な形式のことだ。

基本的にほかのソフトでは開くことはできないけれど、中断した作業が改めてやり直せるなどのメリットがある。そして、作業が完了したら、「別名保存」機能を使い「TlFF」形式で保存することで、多くのソフトで表示できる写真にすることが可能だ。このとき、作業用データも捨てずに保管しておき、なんらかの調整が必要になったときには「作業用データ」から整え直すと手間が省ける。

また、TIFF形式で保存するときには、必ず「ICCプロファイル」を埋め込んみ、色の再現性が失われないようにしておくことも重要だ。JPEGで保存する場合にもlCCプロファイルは埋め込めるので忘れないようにしよう。Windowsではお馴染みの「BMP」形式などではこのICCプロファイルが埋め込めないために、写真を保存すると扱うソフトや環境によって色が変化してしまうという問題が生じてしまう。

ほかにもたくさんの画像形式があるけれど、写真として扱うなら、「アプリ独自の形式」「T‐FF形式」「jPEG形式」を使い分ける程度でかまわない。それ以外の形式は、受け取ることはあっても、自ら選択して保存する必要はないだろう。

ICCプロファイルとは?

写真の保存で大切なのが「ICCプロファイル」と呼ばれる設定で、これは色を再現するための情報のことだ。デジタル写真ではほとんどの場合「sRGB」「Adobe RGB」のどちらかが使われており、写真を保存する際には必ずこの情報を埋め込まなければならない。

写真を扱うたいていのソフトは、保存するときに無条件でlCCプロファイルを埋め込むような設定になっているので問題はないはずだけれど、念のため使っているソフトでlCCプロファイルがどのように扱われているのかを確認しておくとよいだろう。一般的には、保存画面やオプション設定画面などで「ICCプロファイル」などの項目が用意されている。

ついでに説明しておくと、lCCプロファイルが埋め込まれていない写真では、正しい色で再現できなくなるだけでなく、Photoshopなどを使ってプロファイルを割り当て直さなければならないなど面倒が生じてしまう。しかも、プロファイルがない状態で補正してしまっては、プロファイルを割り当て直しても正しい色で表示できるとは限らないなど後々厄介だ。

レタッチの作業という点ではICCプロファイルは表に出ることはないけれど、写真にとってはとても重要な項目だということを忘れずにいてもらいたい。ちなみに、lCCプロファイルは写真だけでなく「色を再現する機器」全般に使われている。

ディスプレイの色を正しく表示したり、プリンターが正しい色でプリントできるのも、それらの機器が「ICCプロファイル」をもっているから。つまり、ICCプロファイルとは、互いに正しい色を確認し合うための証書のようなものといえる。ディスプレイやプリンターのプロファイルは製品に付属のソフトなどからインストールすれば設定されるが、その精度が環境に合わないときには「キャリブレーションツール」などを使い、自分で色を合わせていくことになる。

inserted by FC2 system