このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

調整レイヤーを使った作業

レタッチとは写真に手を加えて加工編集すること。写真に手を加えると当然、元画像は書き換わってしまい、処理を取り消すにはひと手順ずつ戻ってやり直さなければならないなど、本来なら手間のかかる作業だった。その「やり直し」や「試行錯誤」を効率よく処理できるようにした機能が「調整レイヤー」(Photoshopでの名称)と呼ばれるもの。

いつでもどの段階でも取り消したい作業は取り消せるし、再調整したい補正の項目はその場で修正できるという優れた機能だ。そして現在では、写真をレタッチする際には必須の機能でもある。調整レイヤーを説明するのは、ちょっと難しい。

とくに、レタッチの経験のない人には説明してもなかなか実感が得られないかもしれない。イメージとしては、写真の上に補正結果が分かるシートを重ねたようなもの、と考えるとよいだろう。明るさを調整するシートや、コントラストを調整するシート、鮮やかさ、色など、補正機能ごとに様々なシートが用意されていて、補正を実行すると写真の上にこのシートが重ねられ、補正した状態で見えるようになる。

どれだけたくさんの補正を行ったとしても、元の写真は加工されずに補正のシートが重なっていくだけなので、取り消したいシートを削除するとその補正は取り消されるし、内容を変更すると補正の結果も修正できる。とにかく、頭で考えるよりも、実際に使って実感してもらいたい機能だ。ちなみに、調整レイヤー機能が搭載されたことでPhotoshopは飛躍的に使いやすくなり、レタッチの作業時間も大幅に短縮されたという優れた機能でもある。

ふたつの補正機能の違い

調整レイヤーの特徴が分かったところで、次は調整レイヤーを使った補正について紹介しよう。対象としているソフトはPhotoshop CSシリーズだが、Photoshop CC、CS以前のバージョンのPhotoshop Elementsシリーズでも基本的には同じだ。Photoshopの補正機能には、通常の補正機能と調整レイヤーの補正機能がある。

たとえば「明るさ・コントラスト」の補正を行うなら、通常の補正機能の「明るさ・コントラスト」と調整レイヤーの「明るさ・コントラスト」が選べるようになっている。同名の機能がメニューの複数の場所にあるのは少々紛らわしいが、前者は写真を直接加工してしまうので注意しよう。通常の補正機能も調整レイヤーの補正機能も、名前が同じなら使い方も効果もまったく同じで、適用後の写真を見ただけでは区別はつかない。

ただし、調整レイヤーで補正を実行すると「レイヤー」パネルに補正機能の名称のレイヤーが作られ、そのレイヤーをダブルクリックすることで何度でも補正がやり直せる点が異なっている。また、調整レイヤーには「マスク」機能も搭載されておじ部分的に補正を消したり、弱めたりすることができるのも特徴だ。

補正を適用した後に、まるで消しゴムで消すように補正の強弱が調整できる。これにより微妙なニュアンスが再現でき、デリケートな色彩を得るには必須の機能となっている。調整レイヤーとレイャーマスクは、作業効率も作品のクオリティも向上する機能なだけに、なんとしても使いこなしたい。

調整レイヤーの作り方と使い方

Photoshop(CSシリーズ以降、Elmentsでは8以降を想定)で調整レイヤーを使うには、 ①メニューから選ぶ方法 ②「レイヤー」パネルから選ぶ方法 ③「色調補正」パネルから選ぶ方法がある。

従来のバージョンでは②の方法がよく使われていたが、CS4からの機能の「色調補正」パネルを使う③の方法が素早く作業で来て便利だろう。もちろん、どの方法を用いても結果も使い方も全く同じなので、使いやすい方法で構わない。

各方法の特徴を紹介しておくと、①の場合、「レイヤー」メニューの「新規調整レイヤー」から必要な補正機能が選択できる。この方法では「新規レイヤー」画面が表示されるので、そのまま「OK」ボタンをクリックすれば補正作業に入ることが可能だ。②の場合には、「レイヤー」パネルにある「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」ボタンをクリックすると補正機能一覧が表示されるので、その中から選択すればOK。

これで補正の画面が表示される。CS4以前のユーザーやElementsユーザーなら、レイヤーパネルのボタンからアクセスする方法が素早く作業できて便利だろう。そして③はCS4から搭載された機能で、「色調補正」パネルに表示されているアイコンボタンの中から使いたい補正機能のボタンをクリックして作業に入る方法だ。

パネルさえ表示しておけば、メニューを展開したり、ボタンをクリックしての一覧表示も必要ないので、作業効率という点ではもっとも優れている。

レイヤーマスクの作り方と使い方

調整レイヤーの場合、補正を実行する(調整レイヤーを作る)と自動的にレイヤーマスクも作られるので、通常のレイヤーのような手間は必要ない。ただし、レイヤーマスクを使うにはいくつかのポイントがあり、まずはそれらを覚えておこう。最初のポイントが、補正を消したり弱めたりする調整レイヤーの「レイヤーマスク」を選択すること。

Photoshopでは、レイヤーマスクの選択状態が分かりづらいため、レイヤーマスクを選択し忘れることも多い。そしてもっとも重要なポイントが、レイヤーマスクに対して「黒」で描画すると補正は取り消され、「白」で描画すると補正された状態になるということ。

「グレー」なら濃度によって補正が半透明(濃いほど補正が消える)になり微妙な補正の効き具合が調整できるわけだ。レイャーマスクを描画するために使う機能としては、シールパネルにある「ブラシッール」が一般的で、作業する場所に合わせて太さやボケ足などを調整しながら、補正の「境界部分が目立たない」ように処理していく。

レイヤーマスクの使い方に関するポイントが「黒」と「白」の描画だとすると、作品を仕上げるポイントがこの「境界を目立たせない」マスクの描画といえるだろう。

inserted by FC2 system