このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

レベル補正を極める

「レベル補正」はPhotoshopに限らずレタッチソフトの代表的で基本的な機能のひとつ。したがって、真っ先に覚えておきたい機能でもある。レタッチ初心者には「レベル補正」といわれてもどのような機能なのかわからないかもしれないが、身近な例でたとえるなら、テレビの音声のレベル(ボリューム)を調整して音の大きさを決めるようなものと思えばよい。

つまり、写真の明暗のレベルを調整して明るさを決める機能、ということ。「レベル補正」を使えば、コントラストと明るさの補正が行えるし、さらにはレッドやグリーン、ブルーのチャンネル別の調整を施すことで「カラーバランス調整機能」としても活用できる。つまり、「レベル補正」のひとつで「明るさ」「コントラスト」「色」の3種類の調整が可能になる。

これはレタッチ作業においては大きなメリットだ。レタッチというと写真をきれいに見せることばかりが注目されるけれど、実際には「画質の劣化」をいかに食い止めるかのほうが苦労するし、作品のクオリティを上げようとすると「画質を維持」することが重要になってくる。確かに、いろいろな機能を使い補正を繰 り返すことで写真の見栄えはよくなるだろう。

しかしながら、画質という点では「元の状態」が最高で、手を加えるほどに劣化を繰り返してしまう。たとえば、青空や肌などの滑らかな部分に発生する色ムラだったり、本来なら埋もれて目立たなかったノイズが表立ってしまったりなど。

このような「荒れ」を防ぐにはやはり「手数を減らす」ことが効果的で、ひとつの機能でできることは分散しないのがいちばん。そのためには、複数の補正が行える「レベル補正」や「トーンカーブ」を使いこなすことが大切になってくる。画質の劣化に関して最初は気にするはないかもしれないが、レタッチに慣れてきたら、高品質を維持するために「手減らして処理をまとめる」ような補正がけてみるとよいだろう。

使い方の基本はコントラスト調整

「レベル補正」の使い方は簡単。しかし使いこなすのは難しい。基本的な使い方は、写真のもっとも暗い色と明るい色の範囲を設定し(=コントラストを決める)、全体の明るさを補正する方法だ。「レベル補正」の画面には、ヒストグラムとその下に「黒」「グレー」「白」の▲のスライダーが表示されていて、たとえば黒い▲のスライダーをヒストグラムの左端に合わせれば、写真内のもっとも暗い色が黒(簡易的に黒としているが、実際は階調がつぶれないもっとも暗い色)になる。

白い△のスライダーなら、もっとも明るい色が設定できる。つまり、黒と白のスライダーで挟んだヒストグラムの範囲が、その写真が再現する階調の下限と上限になるように、いい換えれば、デジタルで再現できる階調の幅いっぱいに明暗が振り分けられるというわけだ。もっと分かりやすくいうなら、黒い▲は半端に暗い色を黒にする、白い△は白にするスライダーと覚えてもかまわない。

そしてここが重要なのだが、「レベル補正」を使った調整は黒つぶれや白とびが回避できるというメリットがある。スライダーを動かして「写真を見ながら」明るさや コントラストを調整するような機能では感覚的に補正量を決めるしかないが、「レベル補正」は写真のヒストグラムを元に明暗が決められるため、必要以上に暗くしたり明るくする心配がない。

もちろん、これは「デジタル的」に優れたメリットであり、階調をつぶさない補正が「写真的に優れているか」は別問題。しかしながら、多くの場合、作業の途中で階調をつぶしてしまうと仕上がりの画質はさらに破綻してしまうので、やはり「レベル補正」を使ったデリケートな明暗調整方法は覚えておくべきだろう。

ちなみに「レベル補正」で階調の再現範囲が調整できるのは、基本的には暗部を暗く、明部を明るくする方向(コントラストを強める)のみ。具体的には、黒にしまりがない、白に肱しさがないような写真ならきれいに補正できるが、黒つぶれや白とびしている写真に対して「階調を復活」させるような補正は行えない。

したがって、階調のつぶれに関しては撮影時に注意を払い、可能ならカメラの撮影パラメータを調整し、コントラストを弱めたカットも撮影しておくとレタッチしやすい写真が得られるだろう。

露出調整に最適な機能

「レベル補正」で明暗を調整するには、ヒストグラム下にあるグレーの▲スライダーを左右に動かせばよい。左に動かすと写真は明るく、右で暗く補正することができる。このとき、完全な黒と完全な白の明暗は変化しないため、無用な階調のつぶれやコントラストの低下を防げるのも特徴だ。

「レベル補正」を使う順序としては、まずは黒と白の▲スライダーで適切なコントラストに設定し、それからグレーの▲スタイダーで全体の明暗を調整すると分かりやすい。先に明暗を調整してしまうと、シャドウとハイライトの調整で露出が変化し、二度手間になってしまう。 また、「レベル補正」だけでなくすべての補正機能は「写真全体」に適用されるため、部分的に使いたし場合には前述の一調整レイヤー」で補正する必要がある。

「チャンネル」で色を調整

ここから先は「レベル補正」の応用的な使い方になる。少々難しいので読み飛ばしてもかまわないが、最終的にはすべてを理解し、使いこなせるようになってもらいたい。これまで紹介してきた使い方は明暗調整に特化してきたが、実は「レベル補正」画面には「チャンネル」という項目があり、これを変更(「レッド」「グリーン」「ブルー」を選択)することで「色」が調整できるようになる。

ちなみに、通常「チャンネル」の設定は、明暗調整が行える「RGB」になっている。難しいのは、どのスライダーを動かすと何色に変わるのかという点で、これは覚えるよりも実際に動かして確認するのがいちばん。チャンネルを変え、スライダーを動かし、イメージする色を探っていけばOK。

だめなら設定を元に戻して別のチャンネルやスライダーを動かせばよい。また、各チャンネルのヒストグラムの両端に左右の▲と△スライダーを揃えるように調整を施すと、写真のもっとも暗い色が完全な黒、明るい色が完全な白になるようにカラーバランスの調整が行える。白黒分かりきっている被写体が写っているなら、この方法が効果的だ。

ちなみに、チャンネルをレッドにするとレッドとその補色のシアン、グリーンならグリーンとマゼンタ、ブルーならブルーとイエローのバランスが調整できる。これだけ覚えておけば、たとえばマゼンタかぶりを補正したいならグリーンチャンネルを使う、と思い浮かべることができるだろう。

チャンネルを使って色を調整する際も、左の▲と右の△スライダーをヒストグラム内部に移動してしまうと、そのチャンネルの色がつぶれてしまう。これを回避したいなら、後述の「トーンカーブ」を使ってシャドウやハイライトの色を調整してみよう。もちろん、「カラーバランス」を使って調整することもできる。

「レベル補正」と「トーンカーブ」の使い分けに関しては、露出調整と全体的な色調整なら「レベル補正」、撤密なコントラスト調整や色調整が必要なら「トーンカーブ」と考えればよい。したがって、「レベル補正」で色を調整する場合には、基本的には中央の▲スライダーを左右に動かして全体の色を偏らせたり、チャンネルごとにヒストグラムの両端を揃えて白黒ハッキリさせる程度に留め、それ以上の調整が必要なら「トーンカーブ」の出番となる。

レベル補正のスポイト機能

「レベル補正」の便利な使い方をもうひとつ。これは「トーンカーブ」でも共通で使えるテクニックなので、余力があるなら覚えておきたい。Photoshopの「レベル補正」や「トーンカーブ」画面には、黒、グレー、白の3つのスポイトのボタンが搭載されている。

このボタン、実は明暗の幅(階調の再現域)と色を揃えるにはとても便利な機能で、このスポイトを使ってクリックした部分が黒、グレー、白になるように写真全体のカラーバランスが調整できる。たとえば、黒いスポイトを例に説明すると、このスポイトを使ってクリックした部分よりも暗い色が「完全な黒」になるように明暗と色を再調整してくれるというもの。

シャドウ部分に色の偏りがある、などの場合にはとても便利。ただし大切なのはここからで、この機能をそのまま使ったのでは、ベタな黒や白になってしまい、プリントで階調がつぶれる可能性が高い。そこで、この機能を使うなら「自分で設定」し、クリックした部分が「ほんの少し明るい黒」「ほんの少し暗い白」になるように調整しておこう。

どの程度の調整が必要かは目的や好みにって異なるが、目安としては黒のスポイトはRGBそれぞれの値を「10」、白は「250」程度。この設定ではしまりがないと思うなら、黒を「5」に下げればよい。

inserted by FC2 system