このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

特定の色に対するメリット

レタッチしていて空だけ補正したい場合にはどのように対処すればよいのだろうか。そもそも、空の青さを補正するにはどうすればよいのかという問題もあるが、それは後で考えるとして、ここでは特定の色を補正する方法とそのメリットについて考えてみることにしよう。

これまで紹介してきた機能やテクニックは①写真全体を補正する、②ある特定の面積に対して補正をする(レイヤーマスクを使った部分補正テクニック)、③特定の階調域(シャドウ・中間調・ハイライト)に対して補正する、の3タイプに分けられる。端的にいうなら「全体」「場所」「明暗別」に補正を施すということ。これだけのことができればまず問題はないのだが、レタッチにはもうひとつのアプローチが用意されている。

それが、「色別」の補正だ。鮮やかさの補正でも少し紹介したけれど、特定の色に対して補正が行えればよりテリケートな色彩が得られるようになる。おそらく、この補正が行えるかどうかで、作品の質感も変わってくるだろう。では、色別に補正するにはどうすればよいのかというと、レタッチソフトにそのタイプの機能が搭載されている必要がある。

Photoshop CS/CCシリーズなら「特定色域の選択」と呼ばれる機能がそれだ。Phtoshopにはホームュース版のElementsもあるが、こちらには「特定色域の選択」は搭載されていない。つまり、色別に補正を施すという考え(必要性)自体が、既にハイレベルな要求になっているというわけだ。

さて、ここで文頭の問いに戻ってみると、「空だけを補正するにはどうするか?」という問題に対する回答は、「特定色域の選択」を使えばよい、となる。この機能は「特定の色の範囲(色域)」に対してカラーバランス的な補正が施せるため、「空の青」だけを補正するには最適ともいえる機能だ。

色別+マスクで複合補正

色詐に補正できる一特定色域の選択」(Photoshop CS/CCシリーズの機能)が具体的にどのようなものかというと、基本的には「カラーバランス」と同じように「レッドとシアン」「グリーンとマセンタ」「ブルーとイエロー」の偏りが補正できる。カラーバランスと異なるのは、その補正が「指定した色の系統」だけに適用される点で、たとえば「ブルー系」を指定すると、写真内の「ブルー」とその類似色に対して色が補正できるようになる。

そして、色別にカラーバランスが補正できるだけでなく黒の濃度も調整できるため、色を落ち着かせたり発色をよくしたりと、様々な補正が行えるのも特徴だ。「特定色域の選択」の厄介な点は被写体までは識別できないという点だろう。たとえば、「空の青」に対して補正したとする。画像内に他に青い部分がなけれは問題ないのだが、青い海が写っていたり、青い車や看板、洋服などが含まれている場合には、それらすべての色が変化してしまう。

これでは、せっかく空の青がきれいになっても作品として問題になるかもしれない。ではどうすれはよいのかというと、補正範囲をさらに制限すればよい。「希望の色」だけを補正することに成功したのだから、今度は「希望の場所」だけが補正できるように調整レイヤーのレイヤーマスクなどで範囲を制限すれば解決だ。

このように複合的な条件で補正箇所を指定するテクニックは「作品への要求がシビア」になるほど必要になり、かつ、重要性を増してくる。レタッチのテクニックが向上してくると、色を補正している時間よりも範囲を調整する作業に手間取ることも少なくないほどだ。もし、補正する範囲の指定に困ったら、レタッチでは「全体」「場所」「明暗別」「色別」に補正できることを思い出してみるとよいだろう。

特定の色を補正するコツ

特定の色を補正する仕組みが分かったら、次なる問題はどのスライダーを動かすとどのような色に変化するのかだ。これは、頭で考えるよりも実際にスライダーを動かしてイメージした色を探るほうが確実なのだが「特定の色」に対して傾向と対策は覚えておくと便利。特定の色とは、赤と吉と緑の三色。これらの色の補正を覚えておくだけでも、写真に深みを出したり軽やかな色彩にしたりできるようになる。

ますは赤い色の説明から。赤い色は「レッド系」や「マゼンタ系」に反応し、深みを出すなら「マゼンタ」と「イエロー」を増加、派手さを増すなら「シアン」を減少すればよい。次は青い色で選択する色の系統は一ブルー系」や「シアン系」だ。深みを出したいときには「シアン」と「マゼンタ」を増加する。空の青さは、たいていこの方法で色濃くすることができるはず。

発色のよさを求めるなら、「イエロー」を減少すると効果的だろう。緑を補正するには、「グリーン系」を選びたくなるのだが、草木などの場合には「イエロー系」を指定したほうが適切に補正できる場合が多い。どちらにしても、「シアン」と「イエロー」を増加すると深みが出て、「マゼンタ」を減少すると発色がよくなるのは同じ。実際に、Phtooshop CS/CCシリーズの「特定色域の選択」を操作しながら確認すると分かることなのだが、スライダーを右方向に動かすと色に深みが出て、左方向に動かすと発色がよくなる特性がある。

そして、スライダーを右に動かすということはすなわちCMYのどれかの色が増加するということで、これはプリンターで使われているインクと同じ色だ。ということは、このテクニックを駆使すれば「プリントできない色」を「プリントできる色」に置き換えることもできるし、プリントの色彩に深みを出すこともできる。たとえば、青い色の彩度が強過ぎてプリントではくすんでしまう場合、「ブルー系」に対して「シアン」と「マゼンタ」を増加して色に深みを出せば、プリントの色域に収まる可能性が出てくる。

また、スライダーを左に動かすとRGBの色(シアン、マゼンタ、イエローの補色)が強まり、ディスプレイで見るのに適した鮮やかな発色に仕上げられる。この場合、プリントでは再現できない色域に入ってしまう言能性か高じが、webなどで使う写真(ディスプレイで見る写真)なら問題はない。このように、特定の色のバランスが補正できるということは、作品の色彩をコントロールするだけでなく、最終的な形態に合わせた調整も行えるということでもある。

「色相」でカラーバランス補正

特定の色を補正する機能としては「一色相・彩度」も意外と便利。「彩度」は既に紹介しているけれど、類似色にずらすように色を変更する「色相」機能は、使い方によってはカラーバランスの補正としても活用できる。覚えておくと役立つ実技だ。「色相」機能を簡単に説明すると、レッド←イエロー←グリーン←シアン←ブルー←マゼンタ←レッドというルールに従ってそれぞれの色を変化させる機能のこと。

Phtohopでは「色相・彩度」機能に「色相」スライダーとして用意されていて、大胆に色を変えたいときによく使われている。類似した色にずらせるということはイメージとは微妙に異なる色みが補正しやすいということでもある。たとえば、青が少し水色っぽいと感じているときに色相を調整すると、水色が類似色に変化してイメージした青に近づけられるというわけだ。

微妙な色の違いを「カラーバランス」や「特定色域の選択」で再現するにはテクニックが必要だが、類似色方向に制限して変化する「色相」なら探りやすいだろう。ただし、補正量を増やすと全く異なる色になるので、あくまでも微調整用の機能と理解すること。色相で色を微調整する場合、写真全体に対して行うこともあるが、色彩を作り込みたいときには色別に補正するほうが効果的だ。ソフトによって色別の補正方法は異なるが、少なくともRGBとCMYの6系統の色は指定できるソフトを使いたい。

欲をいえば、クリックして色を選択したり、色の幅が指定できると申し分ない。もちろん色別に補正する際に「補正する色としない色の境界」に注意を払い、トーンジャンプやノイズなどが生じないように仕上げることも忘れずに。

inserted by FC2 system