このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

RAW現像について

ここではRAW画像の色調整、いわゆる「RAW現像」について考えてみたいと思う。デジカメで撮影するRAW画像は、カメラごとに異なる独自のファイル形式になっているため汎用的に扱うことができない。つまり、JPEGやTIFFのようにいろいろなソフトで簡単に表示できないということ。

RAW画像を扱うには対応しているソフトが必要で、まずはデジカメに付属しているメーカー純正のソフトを使うことになる。純正ソフトの特徴としては、必要最低限の機能を搭載し、カメラで撮影できる色調から大きく逸脱しないという点が挙げられる。色を調整する自由度が少ない代わりに、色調が破たんしづらいため手軽に扱える点が魅力だ。

もっとも、最近は高性能な市販のソフトを付属しているカメラもあるので一概にはいえないのだが、基本的には純正ソフトは「手堅い」色調が得られると考えればよい。とくに、被写体に忠実な色を再現したいときには純正ソフトが必要で、市販のソフトでは色調が崩れてしまう場合でも、カメラの設定どおりに適切な色を得ることができる。ただし、だからといって市販ソフトが劣っているわけではないので間違わないように。

純正のソフトは確実な色を再現するのに適していて、市販のソフトはあらゆる色調(忠実な色というよりもイメージの色)を再現するのに適している、という特性の違いだ。他にも、純正ソフトは「風景」や「ポートレート」などカメラ特有の色調整機能をソフト上で変更することができるし、色温度やカメラの撮影設定(コントラストや鮮やかさなと)に関しも同様霊一純正のソフトは、いわばカメラの内部で行われる処理をパソコン上で行っているので、カメラ的に扱えるというメリットがある。色を作り込むのはもちろん、撮影時の設定をやり直す際に効果を発揮するソフトといえるだろう。

市販ソフトのメリット

市販のRAW現像ソフトのメリットは「豊富な編集機能」と「個性的な色調」だ。レタッチソフトのように色や明暗が自由に調整できるため、写真の可能性が飛躍的に向上する。RAW現像ソフトとレタッチソフトの違いに悩むかもしれないけれど、両者の大きな違いは「合成」ができるかどうか。RAW現像ソフトは「1枚の写真」に対して編集を施すソフトで、レタッチソフトは複数の画像を寄せ集めて作品を仕上げることができるソフトだ。

また、RAW現像ソフトが「写真的」なアプローチ(露出補正や色温度など)で編集するのに対し、レタッチソフトは「デザイン的」なアプローチで編集する点も異なっている。前者は「カメラの延長線上」に、後者は「お絵かきソフトの延長線上」にあると考えると分かりやすいかもしれない。話が逸れてしまったが、市販のRAW現像ソフトを使えば様々な色調が再現できるようになる。

たとえば、画面の一部が暗い場合には部分的に露出を補正したり、鮮やかさや色、コントラストも自在に整えられる。搭載機能も写真の補正に的を絞ったものがほとんどなので、レタッチソフトのように持て余すこともないだろう。また、市販のRAW現像ソフトは製品によ(一て色の特性も編集機能も異なってぉ峠穐たとえ同じような調整を施したとしても仕上がりに差が出てくる。

このあたりがRAW現像の面白さで蓋露出の補正ひとつとっても、ソフトによってはハイライトに粘りが出たり、ヌケのよい明るさが得られたり、階調感の高い仕上がりになるなど様々。そして、RAW現像ソフトによって色の特性が異なるということは、ソフトを使い分ければ手軽に写真の色調(雰囲気)が変えられるということでもある。ソフトによって得意な処理(ノイズ除去だったり、色の調整だったり)もあるので、作業や目指す色調によって使い分けることも作品のクオリティーを上げる手段といえるだろう。

RAWデータについて

ここでRAW画像のテータについて少し考えてみよう。RAWというと「色調整しやすい」「後から設定が変えられる」などがメリットだが、JPEGでもレタッチソフトを使えば同じようなことができる。にもかかわらず、プロやハイアマチュアの写真家がRAW形式で撮影するのはなぜか?

理由のひとつが、「データの柔軟性」だ。「データの強さ」といってもよいかもしれない。JPEGとRAWの決定的な違いがデータのもつ「情報量」で、JPEGで撮影すると写真は「8ビット」で記録されるけれど、RAWで撮影すれば「12ビット」や「14ビット」などで記録される。ビット数が多いということは、早い話「たくさんの色」が使えるということ。

色がたくさん扱えれば、補正しても色や明るさがあふれにくくなるということでもある。また、オーバー8ビットで記録されるRAWデータには、JPEGでは再現できない色や明暗が含まれている場合もあり、これは写真の色を調整する際にとても有利。

仮に、JPEGよりも暗い色と明るい色が記録されたRAW画像なら、マイナス補正すれはJPEGでは白とびしていた部分に階調が出てくるし、プラス補正すれば黒つぶれが救済できる。このように、色調整に対して「強度」があるのがRAW画像の特徴で、レタッチを含め写真を編集する可能性があるなら、RAW形式で撮影しておいたほうが無難な理由でもある。

inserted by FC2 system