このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

アイポイントは長ければいい?短ければいい?

アイポイントとは、ファインダーをのぞいたときにファインダー画面の四隅が欠けることなく全視野を見渡せる瞳(眼)の位置を言います。アイポイントが長いと、ファインダー接眼枠から眼を少し離してのぞいても画面の四隅までキレイに見えます。眼鏡をかけている人などはアイポイントが長いほど見やすいわけです。

逆にアイポイントが短いと、ファインダーの接眼部にピタッと眼をくっつけて、さらに瞳を上下左右に回転するようにしてのぞかないとファインダー画面全体がきちんと見えないということにもなりかねません。じゃあ、アイポイントは長いほどイイじゃないかと言うと、ことはそう簡単ではありません。

一般的に、アイポイントを長くするとファインダー倍率が抵くなってしまうのです。つまり画面が小さくなります。逆に倍率をアップして画面を大きく見せようとするとアイポイントが短くなってしまいます。もちろん、最近はファインダー光学系の改良が進んできてファインダー倍率のアップとアイポイントの長さを両立させようとしているメーカーもありますが、これもなかなか難しいのが実情です。

ところで、カタログなどで表記しているアイポイントの長さですが、困ったことに各メーカーによって測り方が違うのです。あるメーカーはファインダー光学系の最終面から瞳までの距離、別のメーカーはファインダー接眼枠から瞳までの距離、といった具合です。たったこれだけですが「数mm」違ってしまいます。このへんの測り方は、ぜひ統一してほしいものです。

inserted by FC2 system