このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

視度調整って何ですか?

よく見えない場合に、ピント位がはっきりと判別できるようにるための調整機能です。通常、メラのファインダー接眼窓の近くにダイヤル式、もしくはレバー式の装置がある(カメラによって異なります)ので、これを操作して調整します。カメラによってはアイカップで隠されている場合があるので、これまで気がつかなかった人はお手持ちのカメラを注意深く見てください。

禁止の場合はマイナス側、遠視の場合はプラス側にダイヤルやレバーを動かしますが、実際の調整はファインダーを見ながらダイヤルやレバーを操作し、ファインダー内に表示されているAFエリアが最も鮮明に見えるように調整してください。撮影する前に必ず視度があっているかどうか確認しましょう。

inserted by FC2 system