このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

一眼レフの露出補正の使い方を教えて

「露出補正」とはカメラが示した露出に対して、意図的に明るく(プラス補正)したり、暗く(マイナス補正)することです。カメラの内蔵露出計はメーカーや機種を問わず、基本的に18%の標準反射板をモノサシとして設定されており、白っぽい被写体や黒っぽい被写体であっても、いつも標準反射の明るさ(グレー)で写そうとします。

しかし、それでは雪山や真っ黒い蒸気機関車などを肉眼で見たように撮ることはできません。そこで「露出補正」の出番となります。露出補正は白っぽい被写体が画面の多くを占めるのであれば全体が暗くなるので「プラス補正」、黒っぽい被写体であればその逆に「マイナス補正」が基本です。まずは目で見たような露出で撮れるように練習してみましょう。

マスターしたら写真のイメージに合わせて、意図的に明るく、暗くなど応用してみましょう。夕景や水画の反射などは露出補正をマイナスにすると、光が強調されて印象がずいぶん変わります。機会があれば、一味加えてみてはいかがでしょうか。

inserted by FC2 system