このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

測光モードの使い方を教えて

カメラの内臓露出計は、大きく分けて3つの方式があります。まず最もポピュラーなのが、多分割測光(メーカーによって「評価測光」など、呼び名が違います)。これは画面をいくつかに分割して、個々の明るさを測定。さらに撮影距離、各種情報などと合わせて、メーカーのノウハウに基づいた値で撮影できます。

一般的に最も使いやすく、多くの方にお勧めできる測光モードです。続いて中央重点測光は、画面中央部の明るさに比重を置いて測光されます。オートフォーカス化されるまではポピュラーな測光方式で、ベテランユーザーには根強い人気があります。

評価測光の次に常用しやすい測光モードですが、画面内に太陽や水の反射など強い光が入ると影響を受けやすく、注意が必要です。スポット測光は文字どおり画面のごく一部を測定するので、明暗差の激しいシーンなどで重宝します。ただし、切れすぎる刃物同様に使いこなすには、反射率の基本など、それなりのスキルが要求されるので注意が必要です。

inserted by FC2 system