このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

デジタル専用レンズってどういう意味?

デジタル一眼レフの撮像素子には実はいろいろなサイズがあります。35mmフィルムと同じ大きさのフルサイズ、それよりも小さいAPS-CとAPS-H。イメージサークルの大きいフルサイズ用のレンズをAPSタイプのデジタルー眼レフに装着しても、レンズの中央部分しか使われません。

APS-CやAPS-Hサイズの撮像素子には、フルサイズほど大きなイメージサークルが必要ないからです。しかし、APS-C機力時代の主流になると、レンズメーカーはAPSCのイメージサークルに特化した専用のレンズを発売してきました。

そうした製品のことをデジタル専用レンズと呼んでいます。フルサイズやAPS-Hタイプの撮像素子を搭載したデジタルー眼レフには使用できませんが、イメージサークルが小さいためにレンズを小型・軽量化できるというメリットがあります。また、デジタルー眼レフで問題とされていた撮像素子の内反射によるフレアの発生を、最新のコーティング技術によって防いでいます。

inserted by FC2 system