このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

RAWってどんなもの?JPEGやTIFFと何が違うの?

デジタルカメラが画像を取得するには、まずCCDやCMOSなどの撮像素子が光の強さを記録します。これは、アナログ情報をデジタル情報に変えるという意味でA/D変換と呼ばれています。しかし、撮像素子そのものは光を強さとしてしか記録できず、色情報は記録できません。

そのため、RGBに配列されたカラーフィルターを使って、それぞれの色情報を個別に記録。そこから色情報を持つ画像が生成されます。撮像素子からA/D変換されたデータを読み込んだり、またそれをRGBの画像として生成し記録するのがカメラ内部の画像処理エンジンというわけです。

では、RAWとはどの段階のデータを指すのでしょうか。RAWとは「生」という意味ですが、これはつまり撮像素子が光をデジタルに変換した情報(データ)です。一般的なRGBのデジタル画像ではない、デジタル画像の元、「画像未満の画像」とでも言うべき状態のデータです。だから、RAWM像をそのまま開いたとしても、一般的な画像としては見ることができません。

そこで「現像」という処理が必要になるのです。最近ではOSが各社のRAWにも対応しているため、RAWが一般的な画像のように思われることもありますが、実際にはOSが一時的に現像処理を行っているのです。では、JPEGやTIFFはどうかというと、デジタルカメラが記録するJPEGやTIFFは画像処理エンジンにより「カメラ内部で現像」されたデータとなります。

その際、カメラ側のホワイトバランスやコントラスト、色合い、彩度などの設定が反映されて現像されます。現像ソフトでRAWを現像する際も、同様の設定を行ってJPEG,TIFFとして保存可能です。ところで、RAWとJPEGやTIFFの大きな差はその可塑性にあると言っていいでしょう。JPEG、TIFFは言わば完成され限定された画像であって、画質を保ったままホワイトバランスを変更したり、露出を調整したりすることは困難です。

しかしRAWであれば、ホワイトバランスの調整幅は十二分に広く、また露出調整を行うことで多少飛んでしまったり、つぶれてしまった階調を復元することも可能です。JPEG、TIFFであっても16ビットであれば補正への耐性は強くなりますが、それでも飛んだりつぶれたりした階調は復元できませんし、ホワイトバランスも調整しにくい点は変わりません。

一方デメリットとしては、保存時に圧縮されるJPEGに比べデータ容量が大きいこと(だいたい3~4倍になる)、通常の画像として見るにはRAW現像ソフトが必須なことが挙げられるでしょう。なお、RAW画像を現像ソフトで現像した場合、必ずしもJPEC撮影やTIFF撮影したものと同じ色や画質になるとは限りません(メーカー純正の現像ソフトなら同じもの、あるいは近似したものになりますが、汎用ソフトでは難しいでしょう。これまでJPEG撮影をメインに行っていて、これからRAW撮影を始めるという場合は、この点には留意しておく必要があります。

デジタルカメラが画像を生成するまで 図を入れる。

inserted by FC2 system