このサイトは商品撮影のマニュアルを掲載しています。商品撮影に向いている一眼レフの情報や撮影方法・レタッチなどを掲載します。

染料インクと顔料インクは何が違う?

染料は光を透過するため、用紙の光沢感を活かせます。その鮮明な発色とリニアな階調は、顔料では得勤い魅力でしょう。ただ、メディア(用紙)の変質が表に出やすく、色材も変質しやすいため、耐候性は顔料に劣ります。

また、用紙に浸透して定着するため、色の安定までに時間を要します。顔料は色材が安定しているためにじみが少なく、耐候性にも優れます。何より、印刷直後でも色が安定しているため、作品づくりのためのトライ&エラーに向いています。このためハイエンドクラスでは、顔料インクが多くなっています。

染料インク、顔料インクの特徴表を入れる

inserted by FC2 system